新しい空間、誕生!

安達です。 トーンウッドの店内1階が改装し、明るい素敵な空間に生まれ変わりました。2階にひっそりと置かれていた竪琴たちは、1階の一番目立つところに並べられて、どの楽器も何だか誇らしげです。 2月。私が竪琴と出会って、ちょうど一年が経ちました。ゆっくり、ぎこちない練習がスタートして、以来、楽器の持ち方や膝上でのバランスの取り方に四苦八苦し、日比社長の意見を伺いながら弦のどの辺りを弾けば…

続きを読む

表彰式(ゆう&ゆう児童文学賞)

永田です。 竪琴と関係なくて恐縮ですが、児童文学の話題です。 今日は午後から愛知県教育振興会主催「第41回ゆう&ゆう児童文学賞」の表彰式があり、名古屋市に出掛けてきました。ありがたいことに、これで5年連続、7作品目の受賞となります。 以前の記事(エッグちゃんとエンジェル、それと「あいち読書タイム文庫」)の『いちごパーティーをしよう!』の表彰式があったのも、ちょうど1年前の今の時期でした…

続きを読む

トーンウッド工房 改装記念!

永田です。 昨年暮れから内装工事の進んでいたトーンウッド工房の1階が、ついに完成しました! まだ内装工事が終わったばかりで、本格的なオープンはもう少し先になるそうです。 先日、工事完了を記念して、ちょっとしたお茶会が開かれました。 参加者はジャズギターの先生やクラシックギターの先生など音楽関係者と、工房の竪琴製作スタッフさん。 私たちこもれびの響もお招きいただきました。 …

続きを読む

アイリッシュハープ

永田です。 よくコメントを下さる花音さんがアイリッシュハープを弾かれるということで、どんな楽器なんだろうと、ちょっと調べてみました…といってもネットで検索しただけですが(^^; 私は最近まで、ハープというのは、オーケストラで使われる大きなグランドハープしか知りませんでした。 (画像引用元 http://www.takada-harp.com/grandharp/) アイリ…

続きを読む

蜂蜜と竪琴――共感覚

永田です。 昨日、竪琴でバッハの小プレリュードを弾いていて、高い弦を鳴らした時に、蜂蜜の味がしました。 とろりとした、濃い甘さ。 竪琴を弾いていてこんな感覚にとらわれたのは、初めてです。 あまり知られていないようですが、「共感覚」という心理学用語(?)があります。 共感覚――どんなものかというと、「数字を見ると色が見える」「音を聞くと色が見える」というように、ある刺…

続きを読む