第25回 合唱祭 in TOGO

永田です。
今日は娘たちの入っている児童合唱団が、東郷町の合唱祭(第25回 合唱祭 in TOGO)に出演しました。

児童合唱団だけでなく、一般の女声合唱団や混声合唱団に親子合唱団、高校の合唱部など、全部で11団体が出演。

下は園児から、上は……70代?80代?
幅広い年齢の方々が参加していました。
みなさんが歌うことを楽しんでいるのがよく伝わってきて、私も楽しめました。

ポップス曲もあれば本格的な合唱曲もあり、自分のかつての合唱経験を思い出して懐かしくもなりました。
高田三郎の混声合唱曲『水のいのち』、私も歌ったなあ…。ピアノ伴奏もかっこいいし、歌詞の響きがきれいで好きでした。

やっぱり、皆で声を合わせて一つの歌を歌うというのは、理屈抜きで楽しいことですよね。合唱ってやっぱりいいなと改めて思いました。

今は仕事と子供の都合で時間が取れないけど、子供たちが手を離れたら、またどこかで歌おうかしら。十年以上先になりそうだけど(笑)今度は混声合唱もいいな。

今日の娘たちのステージは、歌だけでなくダンスもありました。このダンスがまた本格的ですごい!親バカですが、そう思います。よくあんなに踊りながら歌えるな~と感心。みんな最後まで笑顔を絶やさず、よく頑張りました(^o^)

ライアー,東郷町,合唱祭,合唱祭inTOGO,合唱,フェスティバル
(プログラムの表紙です。ちょっとシワになってしまった)


このままだとライアー日記じゃなくて合唱日記だ…。

最近のライアー練習ですが、チューニング用のレンチが入ったポーチがしばらく行方不明になってしまって、困ってました。。。
チューニングの微調整ができないのは、まあ、ともかくとして(ゆがんだ調律でちょっと気持ち悪いけど)、曲ごとに調弦を変えたいのに、レンチがない(><)

この話題はまたいずれ改めて書こうと思ってますが、このところ、曲ごとに調弦を変えています。変則調弦というらしいです。

エッグちゃんは音域が狭いため、編曲がなかなか悩ましく……ならばその曲の中で使わない弦の音を、欲しい音に変えちゃえばいいじゃない?と考えて。
本来の音より高くするのは、弦が切れてしまいそうで怖いからやりませんが、低くする分には支障ないようなので、曲に応じて音の並びを変えています。

なので、レンチがないと、同じ曲しか弾けなくて。ここ一週間ほど、グリーンスリーブスの伴奏練習(フルートと合奏予定)に専念せざるをえず。。。
おかげで分散和音のコツをちょっとつかんだような、でもたいして進歩してないような……。

ポーチですが、自分一人で探しても見つけられなかったので、子供たちに懸賞金(10円)をかけて捜索協力してもらい、やっと発見。フットマッサージ機の下のくぼみから出てきました。いつのまにそんなところに入り込んだんだろう(*_*)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック