キンダーライアー楽譜、完成~♪

竪琴製作ワークショップの参加者さんに配布するキンダーライアーの楽譜集ができました~!

キンダーライアー楽譜集.pdf

字が小さくて見にくいとか、楽譜がちょっとピンボケしてるとか、全体の配置がイマイチとか、デザインセンスないとか……どうかそんな厳しいことは言わずに(><)これが私の精一杯です。。。

延べ22曲。
同じ曲で、メロディのみの楽譜と和音付の楽譜と2パターン用意したものが2曲あるので、実数としては20曲です。

5月中旬の頃から少しずつ作り始めましたが、8弦という制約が難しく、なかなか曲が思いつきませんでした。音域が1オクターブ、黒鍵なし。メロディラインをそれらしく弾こうと思うと、パッと思いつくのは『でんでんむし』とか『チューリップ』とか、幼児向けの童謡ばかり。

実際に参加のお申し込みが来るようになり、お申し込みの文面やお電話のやりとりから、こちらが想定していたよりも高学年の参加者さんが多そうだと感じて、さすがに童謡じゃ物足りないよな、と考え込んでしまいました。70代のご夫婦からもお申し込みがあったので、大人向けで弾きやすい曲もほしいし。

それで、安達さんにも楽譜作成の協力をお願いして、和音伴奏のついた唱歌など5曲を提供してもらいました。指番号まできちんと書き込んでくれてあって、とても助かりました。安達さん、ご多忙のところ、急なお願いだったにもかかわらず快く引き受けてくれてありがとう(^^)

ラインナップとしては、『きらきらぼし』のように誰でもよく知っている曲から、『夕やけ小やけ』のように大人も子どもも楽しめる唱歌、シューベルトの子守歌やヴィヴァルディの『四季』より『春』など、幅広い方に楽しんでいただける選曲……のつもりです。キンダーライアー(ミニ竪琴)用の楽譜ですが、もちろん他の一般的なライアーで演奏することもできます。

和音伴奏つきの曲には、指番号をご参考までに入れました。メロディラインのみの曲は、弾きやすい指づかいで弾いてもらえればと思います。本来は親指は使わないけれど、メロディだけなら親指の方が弾きやすいかもしれないなーと思います。楽器の構え方や弾き方のイラスト解説は、デザイナーの岩松純子さんにお願いして資料を作成してもらっています。完成したらここに追加する予定です。

和音伴奏つきの曲や、弾き語りの曲は、初めての方にはちょっと難しくて弾きにくいかもしれません。竪琴同好会としては、毎月最後の日曜日に自由参加の「月末同好会」を開いて、弾き方のレクチャーなどフォローをしていこうと思っています。

楽譜とは別に、ワークショップ当日に配布する作成マニュアルも、岩松さんが作ってくれています。先日、原案を受け取って目を通しましたが、さすがプロの腕前!また後日改めてブログでもご紹介します。

週明けには同好会メンバーとトーンウッドの日比社長とで集まって、ワークショップ当日の流れについて打ち合わせ予定です。

おかげさまで7/28(金)は満席となり、7/30(日)も残り数席となりました。参加される親子の皆さんにミニ竪琴を楽しんでもらえるよう、引き続き準備していきます~!

キンダーライアー楽譜集.png

この記事へのコメント

  • 安達

    8弦で曲を完成させるのは大変だと、私も5曲参加させてもらって実感しました。沢山の曲、お疲れ様でした、きっと参加される方々に喜んでもらえるのではないかと思います♪
    気付けば日にちが迫ってきましたね!よろしくお願いしますね☆
    2017年07月03日 05:40

この記事へのトラックバック