ボランティア演奏 にっしん子育て総合支援センター

今日の午前中は、にっしん子育て総合支援センターに行ってボランティア演奏をさせていただきました。

去年の12月には安達さんと二人で来ましたが、今回は私一人。単独でのボランティア活動というのは初めてなので、ちょっとドキドキでした(^^;

雨は降っていなかったものの午後から台風が接近するという天気だったので、来館者は少ないんじゃないかなーと思いながら出かけたのですが、玄関に入ったとたん、たくさんの親子さんが広間で遊んでいるのが見えて、びっくり!30組以上いらしたんじゃないかな…前回の倍以上です。

自由時間のあと、いつもなら絵本や紙芝居を保育士さんが読み聞かせする流れのようですが、今日はその代わりに演奏をさせていただきました。

始めのご挨拶で、「まだライアーを弾き始めて1年も経っておらず、上手でない演奏をお聞かせするのもどうかとは思いますが、この楽器でグリッサンドを鳴らすと末っ子がうっとりした表情で寄ってくるんです。小さなお子さんの心に響く音色を持った楽器だと思うので、下手ながらも演奏に来ました」というようなことを話しました。

演奏したのは『たなばたさま』『きらきらぼし』『うみ』の3曲。

今日弾いたライアーは1枚板の共鳴箱のないタイプなので、音量が小さく、これだけ大勢集まっていると後ろの方まで聴こえないかもしれない、とちょっと心配でした。でも、皆さん最後までちゃんと聴いてくれました!

ミスもあったし、いい演奏という出来ではなかったけれど、単独ボランティアの最初の一歩としては悪くなかったように思います(←自分に甘い?笑)

演奏後、アンパンマン体操が始まったので、後ろで一緒に歌いながら見てました。そうしたら女の子が寄ってきて、ライアーに触りたそうだったので、触ってもらいました。すると、嬉しそうに何度もグリッサンド。よっぽど気に入ったらしく、ママの手を引っ張ってママにもグリッサンドさせようとします。ママは遠慮されてましたが、せっかくなので弾いてもらいました。女の子は、それから自分の持っているお人形さんにもグリッサンドさせてあげてました。かわいすぎ!!

KIMG0218.JPG

KIMG0220.JPG


帰りに声をかけて下さった方もいました。「子育て中に生演奏が聴けて嬉しいです!今日、ここでこういう演奏があるなんて知らずに来たけど、本当によかった!」と言っていただけました。「たなばたさまの最初の音を聴いたときにじーんとしました。小さな子の心にもやっぱり響くと思います」とも言ってくださいました。それを聞いて、涙が出そうになりました(;;)私がボランティア演奏なんて厚かましいと思ったりもするのですが、ボランティアに来てよかったと心底思いました。

自分が子育て中、やはりなかなか生演奏を聴く機会がなく、たまに育児支援センターなどでこうしたイベントがあるととても楽しみで、嬉しくて。

ライアーを弾くようになってからは、いつか、子育て中のお母さん方のちょっとした気分転換になるような演奏ができるようになりたいという夢を持っているのですが……まだまだそれには腕が未熟なので、もっと時間をかけて、場数も踏んで、少しずつでもいい演奏ができるようになっていきたいです。

この記事へのコメント

  • 安達

    素敵なボランティア体験だったことが想像できます♪良かったですね!
    私達も活動に主体性を持って、いよいよ自立の道へ。二人それぞれが活動を広げれば、2倍のことが出来るわけだしね!
    得たものを活かして、お互い理想に向かって切磋琢磨していきましょうね~☆
    2017年07月06日 19:49

この記事へのトラックバック