自分の敵は自分…

なんだか物騒なタイトルですが、大したことじゃありません笑

つくづく自分の要領の悪さというか、うっかり間違いの多さに、自分の足を引っ張ってるのは自分だなーと苦笑い。

竪琴製作ワークショップの準備を、仕事や家事の合間をぬって進めています。

先日、楽譜や資料ができたので、参加人数分+予備をコピーしに近所のドラッグストアに行ってきました。子どもの習い事の送迎の隙間時間に済ませるつもりで行ったのですが……いざ両面コピーし始めたら、片面分しかデータが読み込まれてなくて、十数枚ほどが無駄に。自分の操作ミスなのでしょうがない。

気を取り直して、次のページに取り掛かろうとしたら、あれ?? ページ番号が食い違ってる!!!
その日は諦めて、パソコンの原稿を修正して今日再トライ。

それでまたコピーしてる最中に、最初に投入した硬貨の残額がいつの間にかなくなって、気づいたら途中でコピーがストップ、コピーの設定もリセット…(*_*)また途中からやり直しだわー。続きは週明けにやろう。

なんともゆるーいミスだなー。
仕事じゃないから誰にも怒られないので気楽でいいのだけど…ほんとアホだわー。

他にも色々、自分で自分の足を引っ張る失敗がたくさんあって、しみじみ自分の要領の悪さに呆れます(-"-)

それはともかく、ワークショップの受付時に参加者さんに資料を配るため、個別に袋詰めしています。当日はかなり慌ただしくなりそうなので、できるだけ事前準備しておかないと。
ライアー ワークショップ資料

電動ドライバーでのペグ打ち作業、木づちでのペグ打ち作業は、整理番号順に進めてもらうことにします。どんな風に進めればスムーズに作業が流れていくか、頭の中で色々とシミュレートしているのですが、本当にうまく流れるかな…やってみないと分からないので、実際にはかなり臨機応変に進めることになると思います。

楽譜集の裏表紙には、楽器の持ち方や弾き方の図解を入れました。デザイナーの岩松純子さん作です。
ライアー楽譜 裏表紙

岩松さんには、もう1つ、竪琴製作マニュアルも作ってもらいました。
ライアー製作マニュアル

竪琴等のイラストは、基本的に手描きというか、マウスで描いて微調整を重ねて仕上げられたそうです。すごい……!!要点をクローズアップして描いてくれているので、実際の製作時にとても役立つはずです。これだけのものを仕上げるには、とても手がかかったことと思います。岩松さん、ありがとう!

先ほど、資料の袋詰めをしていたら、長女に「お母さん楽しそう」と言われました。はい、自分のミスのせいで余計な時間がかかって大変ではありますが、やっぱり楽しいです(*^_^*)

この記事へのコメント