弦が切れた…

永田です。
先週のことです。
自宅でライアーの調弦をしていたら、突然、高音部のGの弦がぷちんと切れてしまいました。
決して無理にネジを回したわけじゃないのですが…(←言い訳っぽい?)
エッグちゃん,ライアー,竪琴,アフロディーテの竪琴,トーンウッド,楽器,演奏,調弦.jpg
金属の細い弦ですから、調弦のときはいつもびくびくしながらネジを回します。
キリキリ…とか軋むような音が聞こえたら、怖くて手に汗がにじんでしまう。なので、この時もすごく慎重に調弦してたつもりでした。
少し音が低かったので、弦を張る方向に少しずつネジを回しながら音を出してみても、ちっとも音に変化がない。むしろ音が微妙に低くなっていく気がする。おかしいなーと思っていた矢先に、はじけるように、ぷちん、と切れてしまったんです。

あーーー、やってしまったーーーー。。。
ショックと脱力感。

気を取り直して、いつもお世話になっている楽器製作工房トーンウッドの社長さんにTEL。
状況を説明し、すぐに工房に持っていきました。
工房ではちょうど来客中で社長とゆっくり話す時間はなかったのですが、とりあえずライアーを置いていきました。
そして翌日にはもう、弦を張り替えてくれてました\(^o^)/
なんて仕事の早い!!

どうしてあんなにあっけなく弦が切れてしまったのか、原因は分かりませんが、金属の弦をピンに巻くという構造上、金属疲労がたまりやすいのかなーと想像。
演奏会前なんかにこんな風になったら怖いな。。。

ちなみに、この記事の写真は、トーンウッド2階入口のカウンターです。社長が撮った写真を使わせて頂きました。

この記事へのトラックバック