竪琴で楽しむ冬の調べ 演奏記録

永田です。
昨日、安達さんが書いてくれたように、初の演奏会を無事終えることができました。
お越し下さった皆様方、この活動を当初からずっと支えて下さっている日比社長、ご協力下さったトーンウッドのスタッフの皆様方に深く感謝申し上げます。

演奏会を企画した身としては、お客様が来なかったらどうしようとハラハラしてました。
それが、開演時刻になった頃には、和室いっぱいに並べた座布団がほとんど埋まって、後ろの方で立ち見なさってる方もいて……嬉しくて、信じられない思いでした。

心残りなのは、お子様連れでお越しの方に声をかけられなかったこと。
多分チラシを見て来て下さったのだと思うのですが、1歳ぐらいのお子様連れの方がいました。会場となる和室には入りづらかったのか、すぐ向こうの板の間でお子様と遊びながらこちらを見ておられました。「どうぞ、お入りください」と一声おかけすればよかった。せっかく来て下さったのに。

演奏の合間に、ときどきお子様の可愛らしい声が聞こえてきたお陰で、緊張がほぐれて落ち着いた気持ちになれました。(お子様が騒がしかったのではないですよ!演奏中はすごく静かに過ごされていて、途中で帰られたかと思ったほど)

最後のアンサンブル『赤鼻のトナカイ』が始まった時、「トナカイさんのうただ」という可愛い声が遠くから聞こえて、お子様が一緒に口ずさんでくれている気配を感じました。すごく、すごく嬉しかったです。
一瞬、「みなさんもご一緒に歌って下さい~!」とやろうかと思ったのですが、さすがにまだそこまでの余裕がなく……次にこういうことがあったら、絶対にやりたい!
その方がこのブログを見て下さっているかわかりませんが、お越し下さって本当にありがとうございました。

今回のお客様の中に、シュタイナーの幼稚園にお勤めだった方がいらっしゃって、体験演奏の時にちょっとお話しすることができました。竪琴のアンサンブルや竪琴と絵本の読み聞かせにご興味をお持ちのようで、竪琴を熱心に試し弾きされていました。この出会いがこもれび同好会の新しい展開につながるかも、とワクワクします♪
ライアー,竪琴,楽器,弦楽器,こもれび,愛知,中部,東海,日進,トーンウッド,アフロディーテの竪琴,演奏会,旧市川家
(写真提供:楽器工房トーンウッド この楽器は演奏には使わず、体験用に展示されていたものです)


今日はすっかり気が抜けて、1日ぼーっとしてました。
竪琴の練習も、昨日の曲を軽くおさらいして、あとは分散和音と連打音の基礎練習を軽くやって、おしまい。
そう、基礎練習の大切さを改めて痛感したので、しばらくはピアノにたとえるならハノンのような基礎を重点的にやっていこうと思います。

最後に、昨日演奏した全12曲の記録です。
☆冬の唱歌より〈演奏:永田〉
  冬景色
  冬の夜
  トロイカ
☆クラシック作品より〈演奏:安達〉
  主よ、人の望みの喜びよ(バッハ)
  フランス人形(ギロック)
  メヌエット(クリーガー)
  素敵な気持ち(C.ロリン)
  秋のスケッチ(ギロック)
☆クリスマスソングより
〈演奏:永田〉
  きよしこの夜
  We Wish You a Merry Christmas
  もみの木
〈演奏:安達・永田〉      
  赤鼻のトナカイ(アンサンブル)
   

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック