過緊張の理由

安達です。
竪琴を人前で演奏する時、気がかりや心配なことが色々とあって、自分でも驚くほど緊張してしまいます。いわゆる“過緊張”という状態。長年、他の楽器で演奏の経験はしてきたはずなのに、竪琴は自分の緊張状態が、手の震えという形であまりにもはっきりと目に見えるために、酷く動揺してしまうのです。

演奏前の気がかりと言えば…。例えば椅子の座り心地、楽器を膝に置いた感覚、足台の高さ。弦の向こうに見える景色、自分に届く音の聴こえ方、調弦の具合、人の気配、手の湿度、弦に小さな埃がついてないかどうか(風になびいていたことがあったので)…等々。冷静さを失っていると、確認しないまま演奏し始めて、ようやくこれらの非常事態に気付くのです。竪琴演奏の経験が浅い、ということもあるのかも知れません…。

弾き始めてからは、右手か左手か確信持てなかったり何の指だったか分からない気がしたり、練習したはずなのにどんな曲だったか、忘れた気がしたり…。全て“音楽”以前の問題ですが(汗)。

そして、演奏中、最も不安なことと言えば。弦に思いがけず手が触れて、鳴り響くべき残響を止めてしまわないか、ということ。まるで外科医の執刀ミスみたいに、人の中枢神経に誤って触れるような恐怖感があります。失敗すると音楽的に取り返しのつかないことをした感覚で、そのダメージを引きずってしまう…。

そんな訳で、繊細な楽器ゆえに、そして竪琴演奏が未熟であるために、人前で演奏することに特別な不安感を持っている次第です(早く“音楽”に没頭できるようになりたい~)。

ライアー,竪琴,アフロディーテの竪琴,エッグちゃん

この記事へのコメント

  • 永田(管理人)

    わー、わかる~!私も全く同じです。お筝を弾く時はそんなに感じないんだけど、竪琴を弾く時は毎回安達さんが書いたことと同じ感覚を持ってなってしまいます。竪琴という楽器が自分の一部として馴染んでくれば変わるのかしら…。早くそうなりたいものです。
    2017年01月27日 08:30
  • 花音

    こんばんは。
    今更ながら、動画がアップされていることに気がつきまして、演奏聞かせてもらいましたよ!
    とっても素敵でした。自信を持ってください。私もあんな風に弾けたらなと思って何度も聞きました。とても綺麗でした!

    指が震えて、曲も分からなくなって…って若かりし頃のピアノの発表会を思い出しました。なんとなくわかります…(-_-;)
    2017年01月27日 22:12
  • 永田(管理人)


    花音さん

    こんばんは。動画、お気づきになられたんですね!本来ならブログできちんと公開した方がいいのかもと思いつつ、演奏技術の未熟さと録音機材等の不十分さ等といった事情もあって、こちらで特にご案内もせずに失礼しました(^^;
    過分にお褒め頂き、嬉しいです!…が、安達さんの演奏は素敵だなあと私も思うのですが、私の方はなんともぎこちない動画で……。他のもうちょっとマシな(と自分では思う)動画と差し替えたいところですが、でも、これも自分の現実として直視しないといけませんね(苦笑)
    花音さんも緊張で震えることがあったんですね。やっぱり人前での演奏って、緊張しますよね…。
    インフルエンザも流行っている時期、お子さんも小さくてお腹に赤ちゃんもいらして、冬は大変な季節だと思いますが、お身体にお気をつけてお過ごしください。
    2017年01月28日 22:57
  • 安達

    花音さん

    こんにちは🎵ブログを見ていただき、またこうしてコメントをお送りいただき、とても嬉しく励みになりました。本当にありがとうございます。
    人前で演奏するとどうして緊張するのか…色々理由を書いたのですが…、結局のところ人に良いところを見せたいとカッコつけてる自分がいるのかな、という思いもあります。下手で恥をかいても、情けない思いをしても、それが今の私。これから美しい音楽になるように、少しずつひたむきに進んでいくしかないんだなと思います。
    子育ては大変なこともありますが、穏やかな気持ちでお子さんに竪琴を奏でられる環境を、どうぞ大切になさって下さいね!
    2017年01月29日 19:21

この記事へのトラックバック