新しい空間、誕生!

安達です。
トーンウッドの店内1階が改装し、明るい素敵な空間に生まれ変わりました。2階にひっそりと置かれていた竪琴たちは、1階の一番目立つところに並べられて、どの楽器も何だか誇らしげです。

ライアー,竪琴,こもれび,同好会,愛知,中部,東海,名古屋,日進,トーンウッド,弦楽器,習い事

2月。私が竪琴と出会って、ちょうど一年が経ちました。ゆっくり、ぎこちない練習がスタートして、以来、楽器の持ち方や膝上でのバランスの取り方に四苦八苦し、日比社長の意見を伺いながら弦のどの辺りを弾けば良い音がするのかを探り、指さばきの試行錯誤…。

お客様が出入りする2階で、お互い顔を合わせお店や楽器との関わりをお話したり、私もお友達を連れて行き、一緒に試弾して楽しんだり。

そして、練習では徐々に伴奏を入れ音楽にしていく喜びを味わい、とりあえず弾けるようになった8小節の「赤とんぼ」。にぎわい交流館で竪琴を紹介させてもらい、秋には永田さんとこもれびの響を結成、演奏会では慣れない竪琴演奏に緊張の連続…。楽曲アレンジの苦労や練習の大変さを知りつつレパートリーを増やし、どうにかここまで来ました。

振り返ると、竪琴を通して沢山のものを得た、本当に充実した一年でした。自分のことなのに、まるで他人事のような夢見心地です。

私にとって竪琴は、秘境で出会った宝物のようなもの…お店の1階におじゃまするたび、この一年の移り変わりを感慨深く感じます。

これからは、旗は持ちませんがツアーコンダクターのごとく、多くの人に竪琴のご案内や楽器紹介をしたいなと思っています♪

-みなさま、開放的な明るい店内で、一緒に竪琴を響かせてみませんか!

ライアー,竪琴,こもれび,同好会,愛知,中部,東海,名古屋,日進,トーンウッド,弦楽器,習い事ライアー,ピアノ,調律,名古屋ピアノ調律センター
1階のピアノ調律中。名古屋ピアノ調律センターの宮北社長さんが鍵盤を外し、内部まで丁寧にメンテナンスしてくれました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック